増資の用語集ならフィデリ・資金調達!増資による資金調達をサポート|フィデリ・資金調達

増資の用語集ならフィデリ・資金調達!増資による資金調達をサポート|フィデリ・資金調達

用語集

1 時価発行

時価発行とは、株式などの金額を額面通りではなく、実際に売買される
株式市場の時価を基準にして設定し、発行する形式。

対して時価基準ではなく、額面の金額で発行することを「額面発行」と呼ぶ。

2 資本充実の原則

資本充実の原則とは、会社における資本は、会社債権者に対する責任財産を
裏づけるものでなければならない、という考えのもと、
会社は資本額相当の現実財産を保持しておくべきである、という論理を指す。

資本に見合った財産の充実を会社に要求するものであり、会社の設立や
新株発行の際、現実財産による実質的な資本の充実を図らなければならない
ということを表している。

3 株式移転

株式移転とは、新しい会社を既存会社の完全親会社として設立させる際に、
新会社と既存会社の株式を交換すること。

既存会社の株主が保有する全株式を、親会社となる新会社に移転させ、
代わりに親会社が発行する株式の割り当てを受ける。

企業を買収して子会社とする時、通常は子会社となる企業の株主から
現金で株式を購入するが、この場合は株式を購入せず、親会社となる企業の
株式割り当てによって、子会社の株式を取得する流れとなる。

4 新株発行

新株発行とは、資金調達や株式分割といった目的で新しく株式を発行する
ことを指す。
資金調達目的での新株発行となる「有償増資」には、
「株主割当」「第三者割当」「公募」の3種類がある。

5 株式交換

株式交換とは、企業買収などによって既存の企業を完全子会社化する際に、
子会社となる企業の株式を、購入するのではなく自社(親会社)の株式と
交換することによって取得すること。
通常では子会社となる企業の株式を現金で購入するが、
代わりに親会社の株式を割り当てることで手に入れる方法もある。

6 債権

債権とは、特定の人に対して、金銭の支払いなど特定の要求ができる権利。
債権を所有する人を債権者、債権によって要求を受ける人を債務者と呼ぶ。

7 株式公開

株式公開とは、それまで株式会社の設立時における出資者や少数の特定株主に
保有が限られていた株式を、新規発行などによって株式市場に流通させ、
不特定多数の投資家に対して広く売り出すこと。一般には証券取引市場への
上場を指す。

株式公開は、安定した経営を行い、将来性のある企業として認められたことの
証であるとも考えられており、長期に渡る安定した資金調達が可能になる
など、社会的信用が大きく高まることも意味する。

8 安定株主

安定株主とは、株主の中でも、企業の短期的な業績推移や株価変動といった
要素とは関係なく、長期に渡って株式を保有し続ける株主のことである。

主に企業の経営者や役員、従業員持株会、取引先企業やメインバンクとなる
金融機関などが挙げられる。

9 キャピタルゲイン

キャピタルゲインとは、資産や株式の売買によって得られた譲渡利益を指す。

起業や個人が保有する資産や株式を売却する際、購入時よりも価値が
上昇していることによって生じる利益である。
逆に売却時の価値が購入時よりも下がり、差額がマイナスとなった場合は
キャピタルロスと呼ぶ。

また、利子や配当など、資産や株式を保有していることによって
得られる利益は、インカムゲインと呼ばれる。

10 第三者割当増資

第三者割当増資とは、企業が特定の第三者を対象に発行した新株を、出資を引き受けてくれる相手先への割り当てることによって、その株式分の資金を受け取ること。
企業による、外部からの資金調達手段の1つである。

ここでの「第三者」とは、企業と企業の株主以外の者を指しており、親しくしている取引先事業会社やベンチャーキャピタル、ファンドなど、以前から縁のある特定の人物や企業が相手先となる場合が多いため、「縁故募集」と呼ばれることもある。